楽天カードのポイント還元率が最高!お得に使って還元率アップも可能!

楽天カードのポイント還元率って高いのか?

楽天カードってポイントの還元率が良いと聞くけど、一体どのくらいいいのか気になりますよね。そんなお得なカードだったら、是非作りたいと思うでしょう。

 

 

特に楽天系のサービスで使うとお得さも激アップする、という話も聞いたことがある人もいると思います。そんな楽天カードですが、どれだけお得に使えるのでしょうか?

 

 

還元率についても気になるところだと思います。そこでココでは、還元率についての情報やお得な使い方などをまとめてみました。楽天ポイントを少しでも多く貯めて、どんどんお得になりましょう!

 

 

楽天カードの還元率は?

最近はパンダCMなどもしていて、子供などにも人気がある楽天カード(クレジットカード)ですが、還元率ってどのくらいかご存知でしょうか?

 

 

実は1%の還元率となっています。1%というとクレジットカードの中でも上位の還元率に入ると思います。しかし「えっ?たった1%?」と思う人もいるでしょう。

 

 

1%ですと一般的なクレジットカードとの「差」は感じられないですよね。そこで「差」を大きく感じるのが、楽天のサービスを利用する場合です。

 

 

楽天市場で使うと還元率がアップ!

 

楽天カードを持っているのなら、楽天市場で使わないと話になりません。っていうか、楽天市場の為のクレジットカード、といってもいいぐらいのレベルです。

 

 

基本、楽天市場ですとクレジットカードの決済では、基本ポイントとなる1倍(1%還元)になります。100円の商品を購入すると1ポイント付与される仕組みですね。

 

 

ですが、楽天カードを使って決済すると基本ポイントからさらに3倍プラスされ、トータルで4%還元率にもなるのです!ということは、1000円の商品を購入すると、単純に計算して40ポイント付与されるのです!

 

 

楽天カードでの買い物と楽天カード以外の買い物では、ポイントに関してはかなり差がつくのです。このように楽天市場でフルに効果を発揮するクレジットカードになります。

 

 

ちなみにこのような楽天市場独自のサービスを「スーパーポイントアッププログラム」と呼ばれています。しかし楽天のスーパーポイントアッププログラムは、まだまだお得なポイントアップの方法があるのです。

 

 

楽天のスーパーポイントアッププログラムは、一言で言うと「特定の方法で楽天市場を利用するとポイントが優遇される」というプログラムです。

 

 

ですので還元率をアップさせる為には、このスーパーポイントアッププログラムを上手く利用するのがちょっとしたコツとなります。ちなみにポイントアップの条件は、4つあります。

 

 

楽天市場アプリの利用

 

基本的に今ではスマホで買い物をする人が多いでしょう。楽天市場のアプリを利用して、月に一度でも商品を購入したら、その月は+1倍となります。

 

 

楽天ブックスの利用

 

楽天ブックスで月に一度1,000円以上購入すると、その月は商品を購入するだけで常にポイントが+1倍付与されます。ただし、楽天ブックスのダウンロード版は対象外になっています。

 

 

楽天モバイルに契約

 

こちらは格安ケータイの楽天モバイルと契約をしている方の特典です。契約しているだけで、いつでもポイントが+1倍で楽天市場で購入できます。

 

 

楽天市場で楽天カードもしくは楽天ゴールドカード・プレミアムカードを使う

 

こちらは先ほども説明しましたが、楽天カードを使って楽天市場で買い物をするだけで、通常ポイント1%、特典ポイントの+3倍が付与されます。

 

 

楽天プレミアムカードとゴールドカードでは、ポイントが楽天カードよりもさらに+1倍付与されます。

 

 

 

 

このようなサービスの利用で最大+8倍まですることができ、MAXで還元率は8%となりますのでかなりお得です。ただし、楽天カードですと最大+7倍(還元率7%)となります。

 

 

楽天カード(年会費無料)でも最大7%還元になりますので、いかにスーパーポイントアッププログラムがお得か分かって頂けたらと思います。

 

 

基本は1%還元だけど店舗によってはお得に!

最初の方にも書きましたが、楽天カードは基本還元率1%のクレジットカードで、当然ですが楽天市場以外の通常での買い物などでも楽天カードは使えます。

 

 

基本は1%還元となっているので、まずまずお得なのですが、実は店舗によっては「1%+α」となります!

 

 

ではなぜ1%+αのポイントがゲットできるのか?それは楽天カードに「楽天ポイントカード」の機能が搭載されているからです。

 

 

楽天ポイントカードとは?

 

楽天ポイントカードというのは、一般的な店舗での買い物でも楽天ポイントが付与されるサービスになります。

 

 

もちろんすべてのお店が対象となっている訳ではございませんが、有名な店舗などもたくさんありますので、見逃せないサービスとなっています。

 

 

例えば誰でも知っている「マクドナルド」とか「ミスド」「ジョーシン」などで利用できるのです。

 

 

楽天ポイントカードの加盟店ではなかった場合、楽天カードの決済では1%の還元率、つまり100円で1ポイントしかゲットできません。

 

 

しかしこれが楽天ポイントカードの加盟店だった場合、楽天カード決済によるポイント1%+楽天ポイントカードのポイントと、楽天ポイントの「二重取り」が可能となる訳です。

 

 

例えば1%のポイント付与をするお店の場合ですと、単純に還元率は2%となり、かなりお得なのです。もちろん金額が大きくなるほどお得さも違ってきますし、長い間使っていると全然違います。

 

 

 

 

使い方も簡単。加盟店で楽天カードを渡すだけ。お支払いも楽天カードにするだけでいいのです。

 

 

もちろん楽天カードについているポイントカード機能だけを使って現金払いでもいいのですが、このような使い方ですと楽天カードの利用したポイント分をゲットすることができないので、注意しましょう。

 

 

ですので楽天カードは還元率は基本1%ですが、1%以上の還元率となる可能性を含んでいるクレジットカードになります。そう思うと楽天カードの還元率はかなり優秀ですので、是非持っておきたいクレジットカードですね。

 

 

還元率アップのキャンペーンも色々ある

楽天市場ではポイントアップのキャンペーンなどを毎月いろいろと行っています。以下のキャンペーンは定期的にエントリー可能なキャンペーンですので、是非利用して還元率をアップさせたいところです。

 

ポン!カン!!キャンペーン

 

楽天には色々と変わったキャンペーンもありまして、その多さは分かりづらいほどです。この「ポン!カン!!キャンペーン」もその一つに入ると思われます。

 

 

このキャンペーンは、楽天カードを持っている方のみのキャンペーンで、楽天のサービスを利用することでポイントが倍になるキャンペーンとなっています。対象サービスは以下のサービスです。

 

 

  • 楽天市場
  • 楽天ブックス
  • ケータイ(楽天市場アプリ)
  • 楽天GORA
  • 楽天kobo
  • 楽天トラベル

 

 

3サービスを利用で通常獲得ポイントが2倍、4サービスで3倍、5サービス以上で4倍になるキャンペーンです。(還元率が1%〜3%アップ)

 

 

単純に3つのサービスを利用すると、通常購入分の1%が2%になる感じですね。ただ、ハードルは結構高いかもしれません。

 

 

楽天市場は利用するけど、他のサービスはなかなか利用する機会がない…という方は多いです。

 

 

何とか2倍ぐらいは目指せそうな感じです。「楽天市場」「楽天ブックス」「楽天市場アプリ」とこの3サービスがポイントになりそうです。

 

 

5の倍数の日

 

楽天市場で楽天カードの決済で得られるポイントとして、通常購入1%+楽天カード3%の合計4%だったのに対し、毎月「5,10,15,20,25,30日」はポイントアップされます。

 

 

通常購入1%+楽天カード5%の合計6%還元となりますので、狙い目の日でもあります。

 

 

ショップ買い回りキャンペーン

 

楽天スーパーセール時に良くしているキャンペーンとして「ショップ買い回りキャンペーン」というのがあります。

 

 

これは楽天市場内のショップで1000円以上買い物をすると、1ショップにつき1倍づつアップしていく、というキャンペーンです。(対象外のショップもあり)

 

 

つまり、例えば5ショップを利用したとしましょう。すると単純に考えると、最初のショップ利用は+1倍なので何もないですが、残り4ショップ分に関しては還元される仕組みになっています。

 

 

5ショップ利用すれば、5%還元という訳ですね。最大10ショップまで利用で+10倍(9%還元+通常購入のポイント1%還元で合計10%還元)となります。

 

 

これだけでも凄いのですが、実は楽天カードの還元率もプラスされますので、例えば最高の10ショップ利用すれば、10ショップ分の還元率(通常購入1%+ショップ還元9%)で合計10%、さらに楽天カード利用分の+3倍を加えますので、合計13%還元となるのです!

 

 

ポイントアップされているショップ

 

楽天スーパーセール時は、もともとポイントが10倍などポイントアップが最初からされているショップがあります。このようなショップで普通に購入するのもいいのですが、楽天カードとの併用でさらにお得になれます。

 

 

このように還元率アップのチャンスが結構あります。このようなキャンペーンをうまく活用すれば、還元率はどんどんアップしていく、という訳です。

 

 

上手な楽天ポイントの貯め方とは

 

上手くやれば効率よくポイントを貯めることが出来ます。大切なのは楽天市場での買い物となるでしょう。そして「楽天スーパーセール」などの時に一気に購入するとお得になります。

 

 

本来なら楽天プレミアムカードもしくはゴールドカードを持っておきたいですが、この2つのカードは有料ですので、最低限楽天カードは持っておきましょう。

 

 

また現実的に「楽天モバイル」の契約もなかなか出来ないと思いますので、実際は楽天カード+その他のキャンペーンなどでポイントを貯めていくのがお勧めです。

 

 

また、楽天市場で商品を購入する時は、パソコンではなくアプリを利用します。パソコンの方が使いやすい、という方もいますが、月に1回はアプリでの買い物はしておきましょう。

 

 

これだけで+1倍付くようになるのです。まとめますと、

 

 

  • 楽天市場での買い物をする際に楽天カードで決済をする
  • アプリで最低月1回は買い物をする
  • 楽天スーパーセールなどで出来るだけ買い物をする
  • キャンペーンなどの併用で還元率をさらにアップさせる

 

 

というような感じです。

 

 

楽天カードのブランドはどれがお得?

楽天カードはVISAとMastercardとJCBがありますけど、これってどれがいいのか?と思ったことありませんか?楽天カードだけではなくこのようなクレカに共通して言える事だと思います。

 

 

ちなみにこのブランドがお得!というのはありません。還元率については全て同じです。以前はJCBでナナコチャージによるポイント付与のメリットがあったのですが、今は付与されないので、特別JCBを選ぶ理由はありません。

 

 

それではどれでもいいのか?となりますが、一応以下のようなメリット・デメリットがありますので一応参考にしてください。

 

 

VISAですが、知名度が凄く思っている以上に知名度があります。とにかく提携カードが凄くあるのが特徴。中にはイマイチ使い勝手が良くないカードもありますが、楽天カードについては使い勝手などは他のブランドと変わらないと思います。

 

 

またデメリットとして、これだけ知名度が高いせいか、VISAカードはステータスを感じられない、と思っている人も多くいます。やはり「アメックス」などと比較すると、ステータスという面においては劣る、と感じている人が多いようです。

 

 

MastercardはVISAとよく似ている部分が多いです。知名度についてはVISAと同等で、提携カードもたくさんありますので作りやすいのが特徴だと言えるでしょう。

 

 

当然ですが海外でもかなり実用性の高いクレジットカードで、1枚持っていれば活躍するカードとなるでしょう。悪い部分というのはVISAと一緒で殆どないです。

 

 

JCBについては日本人ですと「かなりメジャーなブランド」という意識が強いと思いますが、実際は日本では凄くメジャーな存在のブランドになっています。

 

 

国内においてはJCB加盟店はたくさんあり、買い物や食事をする場合にJCBカードで決済、となるとまず使えない時は少ないでしょう。国内でしたらある意味JCBカードを持っている方がいい、と言われているぐらいです。

 

 

しかしこれが海外となると、メジャーな存在から若干ですがマイナーな存在となっています。海外ではJCB加盟店というのはまだまだ少なく、不便に感じる時が結構あります。

 

 

但し、VISAとMastercardとは違って海外旅行をサポートするJCBプラザ(インフォメーションセンターみたいなもの)が利用できるのが強みと言えるでしょう。

 

 

各種予約サービス、カードの紛失などトラブルが発生した時になども、日本語でサポートしてもらえるというメリットがあります。旅行先の言語が英語以外だと分からない事が多いので、サポートがあるのは嬉しいサービスだと言えます。

 

 

このようにJCBはJCB独自の魅力があります。

 

 

そうなると結局はブランドで迷うと思います。ただ、特別な利用(海外など)がない限り、お好きなブランドで作るといいでしょう。

 

 

現在持っているクレジットカードと違うブランドにする、というのもいいですし、私はJCBがいい!と思うのであればJCBで構わないと思います。

 

 

ただ、楽天カードの「お買い物パンダデザイン」にしたいのであれば、MastercardかJCB、このどちらかになります。理由としては現在、MastercardかJCBしかお買い物パンダデザインのカードを発行していないからです。

 

 

この3つのブランドの発行枚数についてはVISAが一番多くなっており、海外へ行くことが多い人はVISAカードを持っておけば安心できます。

 

 

またJCBとVISAについてはデビットカードも発行しているのが特徴。デビットカードは審査いらずのカードで、クレジットカードと同じような利用方法が可能となっているカードです。

 

 

直接自分の口座からカードを使うたびに引き落とすシステムですので、計画性を立てて買い物などをすることができるメリットがあります。